すべてはもやの向こうに。

雨上がりの先日、

空を横切った鳶のシルエットがぼやけている。

遠くの丘の茂みもぼやけている。

これはもしやと思い、カメラをかかえて海岸へ一直線。


なにもみえない


海岸沿いの通りも家並みももやの向こう。

水平線ももやの向こう。

前後左右どちらももやの中。


まるで今日の世界のようと思いつつ

隣の海岸まで歩いて行く。


もやの向こうには多くのサーファーと

いつもは見かけることのないカモメたち。


非日常的な風景にちょっとわくわくする。

子どもの頃、雨が降るとうれしくて水たまりにつっこんでいったような

そんな感覚。


もやの遠く向こうにはなにかがあるはず。

ゆっくりですが次に向けて準備中。



お部屋の片隅を楽しくするイタリアの古い物のお店capricciはこちら