top of page

マジンガーZに会ってきた


横須賀美術館
横須賀美術館 設計はプリツカー賞の山本理顕氏


年が明けてから海街で見かけたマジンガーZのポスター。

横須賀美術館で開催される巨大ロボット展の案内でした。

今年は年明けから催事続きで、ようやく美術館へ

足を運べる週が巡ってきました。

雨が降っているし、そんなに混んでいないかと思いきや

ホームページを見るとジブリにまつわる展示が同時開催中。

これはもしかして、と思い開館同時を目指して出発。

気合いが入りすぎて開館30分くらい前に到着。

かなりの雨降りにも関わらず、駐車場には続々と車が入っていきます。

そう、春休みでした。


開館間にも関わらず、予約制のジブリ展には

すでに列。

やはり人気ですね。


お目当てはマジンガーZ

1970年前半、みていたのは再放送ですが、

すでに生はうけております。ふふふ。


当時、面白い乗り物や建築が発想されていた

ことを改めて実感。

その後、コンセプトカーなどでもこのような

面白いものが日本の流れにあったかなと。


イタリアでもマジンガーZはフィギュアも人気ものです。


東京湾に面して建つ横須賀美術館の正面からは庭越しに

タンカーが行き交うのが見ることができます。

いっぱいいっぱいにコンテナを積んだタンカー、

特殊な形のタンカーなど、眺めていて飽くことがありません。

一日中眺めていられそうです。


建物はつい最近プリツカー賞を獲ったばかりの建築家山本理顕設計。

丸窓で切り取られる海や、差し込む光など

建物の楽しさを実感できる建築です。

個人的には好きな美術館、建物のひとつです。


企画展にのっかったメニュウ、アイアンパスタをいただいて帰路へ。


巨大ロボット展は4/7まで。

その後西日本へと巡回するようです。


横須賀美術館の企画展は他ではない、面白いものが多いので

チェックをおすすめします。













Commenti


bottom of page