北の家具の町でSuperleggeraに出会う

更新日:11月11日


先日所用で訪れた北の大地。

空から見えてきた十勝連峰の頂きは真っ白。

そして朝晩はいきなり氷点下。

体が覚醒する感じです。


所用の合間を縫って美術館、博物館へ足を運んでみました。


まずはJR旭川駅にある中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリーへ。

立地といいその大きさといい、電車の待ち時間を利用して訪れるのにもよいです。


企画展を定期的に開催しており、常設には砂澤ビッキの「天塩川 蝶と鮭」があります。

大きな木彫で、しかもギミックがありそうなつくり。

ただでさえ大きいのに間近で見るとさらに圧倒されます。

緑青のような表現をした緑青色も目の前です。


砂澤ビッキは5年ほど鎌倉で居を構えていたので

時代も違い、会ったこともないのになんとなく北で再会した気持ちに。


企画展「デザインの原型 ~プリミティブからデザインへ ~」が開催中で

こちらもなかなかおもしろい展示でした。

世界中の日常使いの道具から工芸品までを椅子コレクターの集めたものを展示しており

ジオ・ポンティの名作のひとつSuperleggeraにも出会うことができました。

興味深かったのがSuperleggeraの原型といえるキアヴァリーナが

並べて置かれていたことです。

二つの椅子の誕生は150年の隔たりがあります。

リーグリア州の街キアーヴァリで誕生したキアヴァリーナは

その重さが無垢材でできているのに2kgにも満たない軽い椅子。

座面の編み込みは手工芸の美しさのみではなく、

椅子の強度を保つ役割も兼ねています。

改めて細やかな編み込みに目が奪われました。

一方、ポンティのSuperleggeraはさらに装飾性をなくして

1950年代の経済成長期のイタリアの生活様式にあったデザインに

再構築されたともいえるデザインです。


このような機会に恵まれたのも家具の街、旭川ならではの展示なのかとも

思います。

話はギャラリー外に飛びますが、ギャラリー外のコンコースや

旭川駅併設の観光案内所には、旭川家具のデザイン家具に

だれもが座れる場所があります。

駅の日だまり、休憩スペース、ラーメンを食べる食堂にも

デザイン性の高い椅子が置かれています。


話は戻り、

他にも気になったものをいくつか。

アフリカのレードルや中国の靴など。


靴は履きたいデザイン。

どなたかぜひつくってください。

かなりの切望。









企画展「デザインの原型~プリミティブからデザインへ~ 」

2022年9月6日(火曜日)~11月13日(日曜日)

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリー(JR旭川駅)

午前10時30分~午後6時30分(入館は午後6時15分まで)

毎週月曜日休館

入館料無料


この企画展をきっかけに織田コレクションとそれにまつわる

旭川界隈のつながりを知る機会を得たことはよかったことです。


このあと博物館にも行くのですが、

そちらはまた改めて記します。


 

今週も木~日曜日でオープンしております。


capricci OFFICINA134

江ノ電由比ヶ浜駅より歩いて5分。

神奈川県鎌倉市由比ガ浜4-10-20

由比ガ浜SOHO'S No.3(2階)です。

駐車場1台 No.5 狭小です。

自転車、二輪車もご利用ください。