なぜかずっと眺めていたい擬似果物

更新日:9月16日

まだ海水浴を楽しむ人がいる一方で

空気はやはり凛としてきた気がします。


そんな空気に触れると、目に止まる骨董も変わってくる気がします。


このところ気になるのが擬似果物たち。


大理石で象った果物に着彩してあります。

ハンドペイントのため冷たい石ながら

温かい表情をしています。

果物の柄は木で細工がしてあります。


イタリアは大理石の細工が豊富です。


お部屋の片隅のオブジェとしていかがでしょうか。


洋梨はそのほとんどが着彩を失っています。

一部残っているために、塗りの成り立ちが見受けられて

それはそれで興味深いです。



ちょっとバーバパパのよう。


りんごもありますので、興味がありましたら

オンラインストアを除いて見てください。