top of page

あれから半年


忘れられない風景となるであろうミラノ発の空いた座席

暑かったお盆明けに入った連絡は

イタリアから送った荷物が「もう見つかる手立てはありません」と

最終的な調査結果としてイタリアの郵便局から

回答が来たという内容であった。


イタリアロックダウンの前日に送り出した荷物であったし

着けばそれは幸運くらいの気持ちで半ば諦めていたものの

心のどこかで、相手はイタリア、

いい方のどんでん返しがあるかも

と思っていた部分があったのでその分へこんだ。


そこからひと月ほどが過ぎた

あのコンテ首相のロックダウンを宣言した日から半年の日に

無くなった「はず」の荷物が

6か月という長旅を終えて到着したのであった。

じわじわと喜びというか感動に近いものが

こみ上げてくる。


箱の補修が気になりつつ

冷静になって翌日荷物を開けたら

ちょっと足りないものがあったけれど。

旅を続けたくて脱走したものがあったらしい。


先はまだまだ見えないけれど

ようやく年初めのイタリアの旅に区切りがついて

次に進んでいいような

そんな出来事。


何はともあれ長旅お疲れ様。

ようこそジャッポーネへ。





Comments


bottom of page