あれから一年

最終更新: 2月24日


郊外の蚤の市のまわりの風景

日曜日は2月とは思えない陽気でした。

大江戸骨董市にお立ち寄り頂き

ありがとうございました。


イタリア話に花が咲き

楽しい時間を過ごすことができました。

時々様子を見に立ち寄ってくれる

日本に来て数ヶ月の大使館の方とも

ローマのお話が聞けてテンションアップ。

その勢いで走り切った一日でした。


どうしてもこの時期は一年前はイタリアにいた事を

思い出さずにはいられない。

ちょうど一年前のこの日は日曜日で

蚤の市で楽しい物をたくさん掘り出していた。

その一方で、ヴェネト州の大きな蚤の市は

すでに開催が見送られている状況。

その市は、確かその後一度も再開していないと思う。



一年前の買付の様子はこちら




この少ない機会の中で、この時に出会った

多くのものが皆さまの元に旅立った事は

うれしい事。

長い時間を生き延びてきて

さらにはロックダウンを掻い潜って

はるか彼方ジャッポーネまでやってきた

イタリアの古いものたちはタフなことうけあい。

皆さまの元で長く楽しんでいただけることを願うばかり。


一週間あくまでもなく、次の土曜日は

大江戸骨董市臨時開催。


2月27土曜日、28日日曜日と青山古市も開催されます。

当店は今月の青山古市への出店はありませんが、

3月13日(土)を予定しております。

メトロで一本、大江戸骨董市と青山古市の

ハシゴで蚤の市を楽しんでいただけたらと思います。


このような時世につき、開催情報をご確認の上

無理なき範囲でお出かけいただけましたら幸いです。


大江戸骨董市ホームページ

青山古市Instagram

お部屋の片隅を楽しくするイタリアの古い物のお店capricciはこちら