top of page

ナポリ式コーヒーメーカー



イタリアのコーヒーメーカーはモカがなじみ深いと思います。

バケットにコーヒー豆を入れて沸いてきた熱いお湯が下から沸いてきて

コーヒーが噴水のようにできあがるタイプ。


こちらのナポリ式コーヒーポットはバケットにコーヒー豆を入れるのと

直火にかけるのは同じですが

下からお湯が沸いてくる仕組みではないので

お湯が沸いたら、なんとポットを上下逆さまにします。

するとバケットにお湯が落ちてきてコーヒーができるという

ドリップ式になります。


気をつけるのは密閉されないように

ポットの孔ともうひとつのポットの孔道をあわせて

空気が抜けるようにすることです。


最初に火にかけるときは、

ポットの注ぎ口が逆さまな状態で火にかけるので

少し不思議な感じがします。


ドリップ式コーヒーの方が日本ではなじみがありますね。


今回のナポリ式コーヒーポットはコーヒーができたときに注ぐ際に

フタがついています。

フタは上下両方のポットに収まります。

こういうところがさすがだな、と思います。


カフェ、バールのディスプレイに。

コーヒー好きな方のコレクションにいかがですか。






Comments


bottom of page