古いマルコの積み木

今日は古いイタリアの積み木を紹介します。

マルコの積み木です。

つっこみどころ満載の積み木です。


ピースの形を見ていると、古代ギリシャや古代ローマの

建築の柱やペディメント、フリーズなどを彷彿とさせるピースがあり

さすが、と思います。


スライドしてあけるフタにはかわいらしいこどもと妖精の絵。

1950年代より前の時代の物のようで、1930、40年代~のものでしょう。


フタの板には木目調の付け足しが。

ご多分にもれず、ペンで落書きが。



フタを開けると中は二段になっています。





フタの裏を見るとマルコ某と名前が書いてありました。


木箱の内側の底には、そのマルコによるものと思われるかわいい車のイラストや

文字がありました。


マルコ

おかあさん

おとうさん

おばあちゃん


と続きます。

おじいちゃんかな、と思って目で追っていくと


おかあさんふたたび。


さすがマンマの国イタリアです。





マルコオリジナルの着色や、片付けるときの目印の0がオリジナルでかかれていたりと

マルコが大切に遊んできたようで、ふたつしかピースは失われていません。


お部屋の片すみに積んで飾ったり、

小さな物のディスプレイとしても楽しそうです。


きっとマルコも喜んでくれます。



マルコを連呼しておりますが、マルコと面識があるわけではありません😁