古いイタリア国鉄の身分証明書

ざらっとした紙質やちょっとかすれた文字、

エンボス印に萌えます。



グループの長の名前を記入するところや

人数を書くところがあるので団体乗車券と思われます。


発行は1955年8月25日ロヴェレート駅。

まだチンクエチェントが誕生していない頃。


古い紙ものが好きですが、イタリアですと1930年代辺りのものは

某独裁者の率いた党の党員証みたいなのが出てくるので

その辺りはちょっと遠慮したいので

ざっとなんの証明証であるかは仕入れる時に目を通します。

1930年代辺りの文房具もゴリゴリの党推しのデザインらしいものが

あるので、その界隈の文房具も仕入れるのはちょっとためらっています。


ただ、イタリアの時代を語るのに、知っておいた方がいいよね

ということで、文房具のディーラーから手渡されたものがあるので、

それはまた改めてご紹介します。


鉄道好き、紙もの好きな方におすすめなエンボス印がいい感じの

団体乗車券はこちらです。