古いドイツのブリキ缶



連日オンラインに掲載しているブリキ缶、今日はドイツの古いブリキの缶を紹介します。


萌えポイントは、サイズのメタルのタグ。

刻印もまたいいですね~。




穴が二つ開いているのはナゾ。

なにかお気に入りをつけてカスタマイズできそうです。


いきなり、詳細を紹介してしまいましたが、全容はこちらです。




旧西ドイツのシェーナウの紡績工場の機械パーツを入れる箱。

刻印されている数字はパーツのサイズのようです。


ドイツ語に明るくないため、書かれている文字から話が進みませんが、

金属パーツをいれるだけあって、サイズ缶の割には

重く感じます。

箱の底がしっかりしている感じです。


赤い缶ってなんだか親しみやすいです。


ヒンジのついたタイプのふたです。








明日も17:00までオープンしております。