エスプレッソのテイクアウト

ときどき出会う、エスプレッソ一杯分のサーモカップ。 こんなに小さなカップでこんなに少ない量ではすぐ冷めるよね、 とやや自虐的な売り文句でついついオススメしてしまいます。 本日もモノから蘇った記憶のイタリア話し。 ローマの建築事務所に行く中で 毎朝、立ち寄るバールが二つほどあった。 ひとつは今ではすっかりお洒落なバールになってしまって 当時の面影はその狭くて細長い入り口以外は何も無くなってしまった。 日本でもすっかり有名となったマリトッツォでおすすめ片手に入る バールでもある。 その以前の姿のバール時代、朝、遅刻しそうな時は バールでカフェを飲む時間も無く 無理やりテイクアウトをお願いしたこともいく度か。 今でもあまりゴミになるテイクアウト用の容器などないから バリスタは、Yogaというイタリアでよく見かける 緑のガラスのフルーツジュースの空き瓶にカフェを入れてくれた。 ビンに入ったエスプレッソは、ビンの底の方にちょっとあるようにしか見えず、 バリスタは、なんか少なく見えるよね、と何杯か分を入れてくれた。 その3回くらいの抽出で、普通にカフェ飲めたのではないかと思うけれど お気持ちはありがたく受け取って、 そこから30秒くらいで着く事務所で、朝食のボンボローネを頬張った。 いくら一生懸命来ても、定時に同僚はほとんどおらず。 フィリピン人の清掃員に日本人は早いね、と揶揄われたりした。 緑のビンに入ったカフェは冷たいし、微妙だったけれど ときどきそんな忙しい朝があったな、というのと その時、このサーモカップがあったらなぁ、というお話。 件のエスプレッソ用サーモカップですが、1980年代はじめくらいのものは扱いましたが それ以降、イタリアで現行品も見たことはないので、 日本の魔法瓶の流行りと同じような感じなのでしょうか。 実用はともかく、コーヒーものコレクターの方や 色といい素材といいイタリアらしいヴィンテージ遠お探しの方 エスプレッソ用サーモカップはこちらです。

エスプレッソのテイクアウト