エトナ山の噴火

シチリアはカターニアに友人がいるのでエトナ山噴火のニュースを聞く度に おののく。 こちらは地震、あちらは噴火とお互い火山列島と火山半島にいることを 改めて思い知らされる。 こちらの心配はよそに、カターニア住んでいる人々は エトナ山を大切にし、その活動を美しく思っている模様。 被害がない限り、写真を見る限りそう、美しい。 カターニアを訪れたのはかれこれ4年前。 カターニアを去った数日後に噴火した。 カターニアの古い建物も古い噴火の溶岩を基礎にしていたり 街の中心の目抜き通りが山を背景に緩やかに下っているところから 山の裾野にある街であることがわかる。 海にも溶岩がむき出しででているから カターニアはエトナ山とは切り離せない。 次に行くときは、近くのブロンテに行って 大好物のピスタチオ三昧になるのだと妄想しているが 次はいつのことやら。 お部屋の片隅を楽しくするイタリアの古い物のお店capricciはこちら

エトナ山の噴火