コロッセオが近未来的に変身

ローマのシンボルのひとつ、コロッセオが近未来的な姿になって登場。 メタリックできらきら、ぴかぴかしている。 というのは、冗談で、ようやく今年のはじめには始まるとされていた コロッセオの修復の準備が始まった。 足場はなんと単管パイプで組んである。 しかもとても美しく。 ユニット足場でせめてくると踏んでいたが、予想がはずれた。 ちなみに足場は全周に組まれている訳ではないので、 反対側にいけば修復中な感じがしないコロッセオに。 一部なのは観光客への美観的にも、実際のところは資材集めが大変そう、 ということか。 ローマは修復ラッシュ。 今から手をつけておけば、2025年の聖年に間に合うし、 実際のところローマとその周辺の街の遺跡の保存状態はひどいらしい。 この歴史遺産の保存も相当、財政を逼迫させている模様。 コロッセオの案内はこちら。 <<こちらの記事はホームページローマをお散歩のブログ版のアーカイブです。>>

コロッセオが近未来的に変身