慢性伊太利亜欠乏症

出口のなかなか見えてこないウィルス禍。 近くでさえ大手を振って外を歩くことができないのに 次にイタリアに行くことなんて見当もつかない。 行けないとなると疼く伊太利亜欠乏症。 慢性的だから慢性伊太利亜欠乏症である。 ただし今は現実の生活がここ日本にあるからであって イタリアが現実、日常生活であった時は あの、一人で闊歩する雰囲気でない空気に辟易して 東京のような空気に触れたいと思ったことがなんども。 ローマからベルリンに行く機会があり、 個々がそれぞれの早さで街を闊歩するリズムがうれしくて ローマに戻ってからはベルリンが恋しかった。 結局どこに行っても現実とはそこから逃避したくなるもので イタリアが日常生活に戻ったとしたら 逃げ出したくなるのだろうと思いつつ 伊太利亜欠乏症である。 バールのカップがカチャカチャとぶつかり合う音が特に。 フィルムを整理すべく重い腰を上げ、デジタルコンタクト作成中。 都市が恋しいとかつての世界の中心、Caput Mundiを歩いてパシャリの いろいろが出てきた。 ローマも都市ですが、と言われそうですが。 聖年が終わろうとしているローマは巡礼者でごった返していた。

慢性伊太利亜欠乏症