生まれ変わるかナヴォナ広場のクリスマス市

ローマの冬の風物詩のひとつ、ナヴォナ広場のクリスマス市。 プレゼピオの人形やお菓子を売る市が広場一面に立つ。 レプッブリカ紙ローマ版によると、今年は11月25日から市が立ち始めるが、 近年は、市で売られるものの質の向上、光の演出の改善、 お店の数を減らす方向で調整しているとのこと。 確かに省エネとはいえ、蛍光灯電球の温かみのない青白い光で、 さらには明るく照らしすぎていて、近年のナヴォナ広場の市は 雰囲気に欠けていた。 ということで、今年のクリスマス市は期待できるかも。 広場に登場するメリーゴーランドは1800年代のドイツ製のものらしい。 見ているだけでも楽しくなる。 ナヴォナ広場のクリスマス市ことベファーナの市はエピファニアの休日の1月6日まで。 <<こちらの記事はホームページローマをお散歩のブログ版のアーカイブです。>>

生まれ変わるかナヴォナ広場のクリスマス市