top of page

「イタリア玩具の世界」展



イタリア文化会館で開催されている「イタリア玩具の世界」展へ

行ってみました。

当店でのおなじみのキャラクターがいました、

カリメロにトポジージョ、もちろんピノッキオも。


特にカリメロはジャッポネーゼに馴染み深すぎて

日本で生まれたキャラクターと思われている方も多いようです。

さらにアニメーションのキャラクターではなく

広告のキャラクターなのです。


そして今回、カリメロのストーリーに関する

白いカリメロの人形を見ることができて興奮しております。


展示のタイトルにイタリア玩具、とありますが

ブリキのおもちゃの中で顔が平たくて親近感があるおもちゃと思ったら

日本製でした。



イタリアやフランスでブリキに関して日本製はすごいよと

よくお褒めのお言葉をいただくのですが、

色使いとかイラストの愛嬌とかかわいらしさのようなものは

ヨーロッパにはかなわないのではないかなと思います。


人形ですがやはりレンチの人形のお顔はキュートで品がありました。


展示なのでさすがにブリキのおもちゃをひっくり返すわけにはいきませんでしたが

見た感じではイタリアのブリキのINGAPやマルケジーニはなかったように

思われます。


何はともあれ、白いカリメロに出会えたのは貴重でした。


古い「ピノッキオの冒険」の本もありました。

イラストから判断して1800年代のものではないでしょうか。

また、イラストレーターがトリノ出身と言うことでピエモンテ界隈で見かける

アッティーロ・ムッシーノのイラストの本もありました。

こちらはcapricciでも取扱があるので、

また改めてご紹介したいと思います。

ピノキオの本はコッローディの生まれのトスカーナ界隈でよく見かけるのですが

ムッシーノのイラストの本はピエモンテ界隈のディーラーが

トリノのイラストレーターだよ、と誇りを持っておすすめしてきます。

自分の居る土地を大切にすることは聞いている方もいいものです。



「イタリア玩具の世界」展


会場:イタリア文化会館エキジビションホール

会期 :6月28日(水)~8月23日(水)11:00~17:00




イタリア文化会館と神保町はお散歩セットコースなのですが、

平日の神保町といったらはちまきの天丼、が定休日のため

古本屋街からすこしはずれた洋食屋さんで昼食の後

移転したラドリオで休憩。

いやはや、神保町も大手の出版社、書店のビルをはじめ、

あちらこちらでビルの取り壊し中で街の顔が変わってきました。






Comments


bottom of page