イタリアの古い鉛筆のお話 1

カメラ、車と半世紀以上もの時を経ても現代の日常生活で

お世話になっていますが、

鉛筆もそのひとつ。


どうして古い鉛筆にはまってしまったかというと

ふた昔前ほどにローマの蚤の市で出会ったのが始まりです。

もともと鉛筆で書くのが好きで、

バラ売りしていた古い鉛筆を数本買ってみたら

芯が滑らかで鉛筆自体が軽く、とても気に入ったので

翌週も蚤の市へ。

そして箱入りの古い鉛筆を見ると、そのざらっととした紙質の

素敵なデザインやメタルのケースの虜になりました。


使いやすい、というのは古いものに対する懐古主義だけではない

古いものとの理想的なおつきあいです。


古い鉛筆の世界へ引き込んでくれた鉛筆は

フィレンツェ郊外発祥のイタリアのメーカーF.I.L.A.

Fabbrica Italiana Lapis Affiniの鉛筆ORIONです。

硬さはBがお気に入りです。

蚤の市へ行ってはBないの〜と聞いていました。


デザイン用の鉛筆で16種類の硬さの展開です。





ユリのロゴにフィレンツェらしさが伺えます。

16種類の階調のあるデザイン用の鉛筆のようです。


中にはFILA ORIONの品質へのこだわりの謳い文句と

階調ごとの特色が書かれたしおりが入っています。


読んでいると、黒についての表現と硬さについての

イタリア語の表現の仕方がわかります。


イタリアの古い鉛筆のお話 2へ続く